さいちゃん、銀行辞めたってよ

メーカー経理マンの日常。元銀行員。時々音楽と転職の話。

MENU

【天神】【ケバブバーアンプル】【一人飲み】お洒落なケバブバーに一人で行ってきた件

f:id:negitoro1222:20180422001915j:plain

やぁ、世界

世の中には「一人○○」という言葉が蔓延っている。

どうでもいいが、はびこるってキーボードで打ったら蔓延るって変換されて今驚いている(皆さん読めました?)。

一人カラオケ、一人カフェ、一人映画、一人焼肉、エトセトラ...

 

かくいう私もだいたいのところは一人でいけると思っている。

一人カラオケも昔はよく行っていた。

あれはハードルが高そうに見えるが、高いのは最初の一回だけだ。

最初の一回は店員さんに「え?こいつ一人で来てんの?」と思われるのがあまりにも恥ずかしいイメージとの闘いだ。

だがそのハードルを越えてしまえば楽園の始まり。

自分の好きな歌を周りに気を使うことなく歌い放題なんて最高だ。

そして2回目からはなんの躊躇いもなくいけるようになる。

一度自転車に乗れてしまえばもうずっと乗れるのと一緒だ。

 

まぁカラオケはさておき、今回お勧めするのはずばり「一人飲み」だ。

一人バーでもいいし、一人居酒屋と言ってもいい。

先に言っておくが最高だ。一人で飲んで何が楽しいの?って思う人もいるかもしれない。私も最初はそう思っていた。でも違った。それは最高だった。

 

一人飲みの何がいいのか?

 

こんなことを言っておいてなんなのだが、そう頻繁に一人で飲みにいくわけでもない。

友人と行くことのほうが多い。だが、たまに「今日は軽く飲んで帰りたい気分だな」みたいな時がある。友人に連絡取るのも面倒だし、時間帯によっては迷惑だ。もういっそ一人でいけるところを探そう。

そんな感じで私の一人飲みは始まった。

 

昨日はよく行く行きつけのケバブバーに行ってきた。

場所はここだ。

 

ケバブバー アンプル

食べログケバブバー アンプル

 

ケバブってなんやねん?って言う人は是非ともググって欲しいのだが、まぁ簡単に言うと羊の肉やら野菜やらをパンにはさんだようなやつだ。

 

これが本当に馬鹿うまい。ビールにもよく合う。

昨日私はいつものようにカウンターに座ってハイネケンを頼んだ。

ここの店員さんはどういうわけか、モデルかタレントしかいない。

男の人も女の人も(どうもハーフの人が多いようだが)イケメンか美女しかいない。

 

その日も美女がハイネケンを持ってきてくれた。

※ちなみに美女目的で来ているわけではありません。

※でも来る理由にそれがまったく関係ないとは言いません。

 

話が美女にそれてしまったが、今回は一人飲みの良さを語りたい。

列挙するなら以下のようになる。

・行く店を自由に選べる

・注文に気を使わず頼みたいものを頼める

・一人だと割勘等の会計も気にしなくていい

・帰りたい時間も自由

・何より気楽

 

まぁ要するに自由度が高いということ。

一回一人で行ってみて欲しい。どんなに仲の良い家族だって友人だって、一緒に飲みに行けば知らず知らずのうちにどこかで気を使ってる。

一人で行ってみると、思いのほかストレスフリーなことに気付かされる。

 

一人で何をしているのか?

 

じゃぁ、一人で飲みに行って何をすればいいのか?とあなたは言うだろう。

一人で行っても暇じゃないか?と。

そんなことを聞かれるのは見聞色を鍛えに鍛えた私にはお見通しだ。

 

 

何をしているのか?

 

 

 

 

飲んでます

 

ただただ飲んでます

 

だからそれがいいんだって

 

 

だまされたと思ってあなたも一度行ってみてほしい。

でももし一人飲みが合わなかったりする人もいるかもしれない。

その時は

 

 

 

 

 

 

どんまい