さいちゃん、銀行辞めたってよ

未来を模索する経理マンの日常。元銀行員。時々音楽と転職の話。

MENU

遅ればせながら自己紹介致します。

f:id:negitoro1222:20180422000214j:plain

 

今更ながら自己紹介してみようかと。

当分は知り合いくらいしか見ないだろうと思ってたので最初にしなかったのだけど、最近は少しずつ色んな人に見てもらえるようになってきたので改めて(といってもまだアクセスは少ないが)。

 

 

名前

 

名前の由来(さいちゃん)だけど、これは普通にリアルのあだ名です。特に何も考えずにつけました。でもよくよく考えてみるとハンドルネームなんてなんでもいいんです。

もし名前を変えるとするならば、次は「キタキツネの権化」にしようと思ってます。

基本的には私はなんとなくで生きてます。基本的にはね。

 

年齢

 

20代も後半の後半戦です。そのうち30代に突入するでしょう。

かっこいい30代になりたいなぁ。

先に言っておきますが、「私は永遠の18歳です」とか言ってる人たちとは距離を置くタイプです、ごめんなさい。

歳はちゃんと重ねていきましょう。

 

家族

 

既婚です。もうすぐ結婚して2年になります。結婚観についてはまた別に記事にしたいなとも思いますが、自分が思ってた以上に結婚は良いものだと思います。

 

学歴

 

ちょっと変わってますが、大学途中に学部を変更しました。

工学部電気情報工学科から法学部へ。まぁ元はと言えば高校時代にちゃんと進路考えなかったのが悪いですね。

でも自分のやりたいことや学びたいことはずっと同じとは限らないんです。後悔しないようにその時その時で選択していけば良いと思います。未来を変えるのは今しかない。

そんなわけで理文両道のハイブリッドですどうぞよろしく。

 

職歴①

 

学生時代に内定をもらった2社でかなり悩んだんですが、結局地方銀行にしました。

後に地方銀行も結果辞めることになるんですが、ただいずれにせよこの選択は正しかったことがわかりました。

なぜならもう1社はまさかまさかの危機に陥った東芝だったからです。東芝行ってたら今頃リストラされてたかもしれませんね。

 

職歴②

 

先述のように銀行に入行してから、負けず嫌いなのでかなり仕事は真面目に努力し、結果本店営業部に栄転することができました。だけど銀行で生涯を終えるのは違うと思いましたし、もっと違うキャリアでスキルアップしたいと思ったのです。

銀行は5年で退職し、今はメーカーの経理をしています。

転職については他の記事でもたくさん触れてますのでこの辺で。

やはり時代は「changes for the better」でしょう。

今思えば、私の人生とマッチしてるかもしれませんね、このキャッチフレーズ。

 

 

住まい

 

出身は長崎県平戸市。今は福岡県福岡市に住んでます。

友人と飲みに行ったり出かけたりすることは好きなので、基本的には九州のお店や景色を紹介することが多いのかと思います。

もっと美味しいお店を開拓したい、感動する景色に出会いたい。

 

趣味①

 

中学高校は卓球部でした。燃えてましたね、あの頃は。

高校時代は団体で県ベスト8に残れたのが良い思い出。

個人でも県大会行けましたが、その最後の引退試合で実家に自分のラケット忘れてくるあたり、我ながら天才ですよ、ええ。

大学から硬式テニスを始めましたが、今は時々の時々の時々程度しかできてません。

身体が動かなくなる前に、身体を動かし続けたいと思う今日この頃です。

 

趣味②

 

邦ロックが好きで、社会人になってからあまり行けなくなったけど、フェスとかライブに昔はよくいってました。

「RADWIMPS」は10年以上前から大ファンです。

空前の「君の名は」ブームで、それまでテレビや映画にまったく出てこなかったRADが幅広い世代に聞かれるようになりましたね。

昔からのファンとしては正直少し複雑な気持ちですが、でも変わらず良い音楽を作り続ける野田さんは凄いと思います。さとしさん、いつか復活できるといいなぁ。

 

 

ブログの方向性

 

基本的には日常のことを書いていきます。

その時の気分で書いているので、記事によって文調が違います。

ブログの地盤、めちゃめちゃぐらぐらしてます。

「~だ。~である」調が書きやすいかもしれません。

でも今書いているのは「ですます」調。

非常に安定していません。

そのうち沈下するかもしれませんね。

 

気分で書きたいことを書いていくので、書こうと思ってたことを忘れがちです。

まぁブログなんで、自由に書いていくのが続ける秘訣なんだろうと思ってます。

 

 

negitoro1222.hatenablog.com

 

この記事を書いてから、少しずつ読者の方が増えてきました。

うまくかけたなぁとも思うんですが、願わくばこの記事を読んだ人に言ってもらいたかった。「お後がよろしいようで」と。

(後で友達に言ってもらいました)

 

終わりに

 

自己紹介って何を書くんでしょうね。こんなものでしょうか。

こいつ誰やと思ってた人は少しは私のことをわかってくれたでしょうか。

すっごく普通の自己紹介でした。

ある意味自分らしくないのですが、こんな私をどうぞよろしくお願い致します。

 

(fin)