さいちゃん、銀行辞めたってよ

メーカー経理マンの日常。元銀行員。時々音楽と転職の話。

MENU

23歳金融女子奮闘記応援記

ちょっと面白いことがあった。

 

www.saichanblog.com

 

普段はふざけたことしか書いてない私だが、2日前に真面目に書いたこちらの記事に「27」個もの星をつけてくれた人がいた。私の数少ない読者の一人(女性)だ。

星というのは「はてなブログ」に登録している人なら、誰にでも無限につけられる。

 

だが確かにいくらでもつけられるのかもしれないが、まぁ相場は2、3個ってところだと思う。私もそれ以上つけたことはほとんどない。

 

だから27個もの星をつけてくれた人がいたのを見て何かの間違いかと思った。

27回星をクリックしてくれたことになる。気が狂ったのかと思った。

 

例えば、失くしていた大切な物(例:昔おばあちゃんから貰った大事な大事なお守り)を飼っていたペットの犬が自宅庭から見つけてきてくれた喜びのあまり、幸せを分け与えんとたまたま見つけた私の記事に星をたくさんつけてくれたのかもしれない。

 

或いは、付き合っていた彼氏に振られて絶望の淵に立たされた結果、偶然目に入った私の記事の中に星を見つけてそれを絶望から救い上げてくれる希望と勘違いし、気が狂ったバーサーカーの如く連打したのかもしれない。

 

私の想像力ではそのどちらかしかありえないのだが、私の予想するそのどちらでもなく、ただただ私の記事に感銘を受けてくれたのだとしたら嬉しいものだ。

 

 

www.mone627.net

 

 

それがこのブログを書いているモネさんという人なのだが、23歳金融女子奮闘記というブログ説明文にある通り、金融業界で働いている23歳の女性だ。

記事を見る限り誰がどう見ても「銀行(或いは信金)」で働いているのだが、なぜか具体的に明言せず頑なに金融と言い続けている。

 

私は自分の記事にいっぱいいっぱいで、色々な人のブログをなかなか見に行く時間がないのだが、たまに自分の読者の一覧から気が向いて見に行くことがある。

その中にモネさんがいて、たまたま金融という共通点があり上の記事を試しに読んでみてこれがまぁ見事に面白かったため私も読者になった。

 

職場での飲み会中に上司にひたすら仕事の説教をされ、耐えかねた彼女はその上司に向かって「○○さん(上司)死ねばいいのに」と言い捨てトイレに逃げ込んだ伝説の強者だ。

 

23歳金融女子奮闘記っていったら普通「厳しい環境でもがむしゃらに頑張り奮闘する姿」を想像するものだが、モネさんは金融を辞めたい気持ちが溢れまくって「日々辞める辞める絶対に辞める」と唱えている。

 

女性にとって金融業界はなかなか過酷な職場だと私は思う。

私が以前働いていた銀行の本店営業部では多くの女性の同期がいたが、まぁ見事にみんな辞めたがっていたように思う。いやいや、大変だよ、なかなか。

 

私が真面目に書いた銀行を辞めたことに関する記事に、気が狂ったように27個もの星をつけてくれたのも、もう辞めたい気持ちが強すぎて呪われた手が勝手に星を連打したのだろう。

 

私は銀行を辞めた後にこのブログを始めたが、その時の同僚も多くこのブログを見てくれている(或いは自分が辞めるときの参考にしてくれている)。

だけどモネさんのブログは現在進行系の金融辞めたい人のブログなのでなかなかスリルがあって面白いので見てみるといいと思う。非常に健気な文章を書くので、自然と応援したくなる。

 

 

以前私の独自ドメイン取得の記事を自分のブログに貼ってくれたし、バーサク状態で私の記事に星をつけまくってくれたので今回は紹介してみた。

彼女がいつか渾身の記事を書き上げた時は、私は28個の星で返してあげようと思う。

 

それにしても「23歳金融女子」って響きはなんかかなりのステータスだよなぁ。

 

私もそういうの見つけたいけど、最近テレビでは

「自宅にJK連れ込み無理やりキス迫って書類送検される系TOKIO」

「国会が渦中の中、テレ朝記者にセクハラ発言しちゃう系財務省前次官」

みたいなのしか見ないんだよな。

 

みんなステータス持ってるよなぁ。

 

 

(fin)