さいちゃん、銀行辞めたってよ

未来を模索する経理マンの日常。元銀行員。時々音楽と転職の話。

MENU

若手が上司からのゴルフの誘いを断りづらい環境に本気出して文句言ってみたい

セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラ、etc...

よく○○ハラという言葉を耳にするが、あまり聞かないだけで日本の企業に根強くずっと存在しているハラスメントがある。それがゴルフハラスメント、ゴルハラだ。

 

ゴルフハラスメントについて

 

f:id:negitoro1222:20180602113608j:plain

 

私が大学を卒業し銀行に入行してから、すぐに先輩にゴルフに誘われた。ゴルフ、興味はなくはないが別に進んでやろうとも思わない。だが先輩や上司はしている人が多かった。むしろ男の上司は大半がしていた。

 

とはいえ、ゴルフは始めるのにそもそもお金がかかる。最初にクラブなど必要なものを揃えるだけでも、一般的には5万程度かかったりする。

 

最初の頃はお金がないことを理由に断っていた。だが、3ヶ月に1回は回ってくる店内コンペの回覧に「×」を記すのがだんだんと苦痛になる。先輩たちはみんな「○」をして回してくるのに、新入行員の私たちが「×」をつけてそれをまた回さないといけないのは、とても心苦しい。別に心苦しく思う必要はないかもしれないが、新人の頃は特に周りの顔を気にするものだ。「付き合い悪いな」なんて、口には出さずとも少なからず思われるのは嫌だ。

 

一度、銀行に入って間もない頃、飲みの席で当時の支店長に言われたことがある。

「僕はゴルフをうまくやれていて良かった。お客さんとの付き合いもできるし、今後社会人として必要になるから君も早めに始めたほうがいいよ。僕はゴルフに救われたよ」

以下、その時の心の声をここに記す。

 

 

・・・はぁぁぁぁぁぁぁぁ???

 

 

 

バカタレが!貴様がゴルフに救われた話などどうでもいい!その前にゴルフをしないと気まずい環境にいる俺たちを救えボケぇ!!だいたいゴルフ始めろ始めろうるさいわ!!そんな台詞はゴルフセット全部俺たちの目の前に差し出してから言えやアホォォ!!貴様は始めろ始めろ身勝手に言うけどなぁ、ゴルフ始めんのにたけぇ金払うのはこっちだろが!ちったぁ新入行員の財布事情考えろそれでも支店長かこのボケカスがぁぁあああ!!!!

 

 

 

・・・なんてことは言えるはずもなく、私も同期も「はい!そろそろ道具を揃えます!!色々教えてください!」なんて笑顔で返して、きちんとサラリーマンをしていた。

 

私たちは社会の圧力に潰されるだけ潰される蓑虫だった。労働環境を改善するよう訴える労働組合と言う組織はあっても、やる気も経済力もない者にゴルフを半強制的にさせる環境の破壊を訴えるゴルハラ撲滅委員会はなかった。

 

しぶしぶ道具を買い揃える羽目になったが、やる気も起こらず当然ろくに練習もせず、初めての店内コンペが悲惨な結果に終わったことは想像に難くない。あまり記憶にないが、交通費も含めたらコンペ自体も1万5千円程度かかったと思う。

 

だが、ゴルフ自体は楽しいものだと思う。練習すればきっと多少はうまくなって、もっとやりたいと思うようになるのかもしれない。それからも何回か参加したコンペは相変わらずたいした結果は残せなかったのだけれど、早起きして清々しい空気を吸いながらゴルフ場の美しい山々や池の景色を楽しむことができるのは良い。健康的な休日でリフレッシュできる。

 

営業をしているビジネスマンは、いずれお客さんとの接待ゴルフなどもしないといけなくなる。若い内からやっておくのはいいことだろう。支店長のように、ゴルフに救われる日もくるかもしれない。

 

だがいかんせんお金がかかりすぎる。せっかくゴルフを楽しめても、あぁ今日も1万以上お金を払うんだなと思うとやるせない。新鮮な空気を味わいたいなら、山登りでもしていた方がいい。他のスポーツと圧倒的に違うのは、お金がかかりすぎることだ。

 

そして早起き(4時半起きとかザラ)して疲労を身体中に蓄積する。18ホールのボール打ち、歩き、走り、バンカーや池ポチャと闘い、マナーもよくわからないまま上司のショットにナイスショットと言い、ナイスショットと言った直後にボールがカーブして山林に飛び込み気まずくなり、それからナイスショットを言うことにビビり無駄に気を遣い、己のスコアは伸びず、心身ともに疲弊し尽くしてヘトヘトで帰る。もう寝るしかない。貴重な週末の一日がこうして終わってしまうのも、虚しさを感じざるを得ない。

 

私は銀行を辞めて今メーカーの経理をしているから、ゴルフをすることはなくなった。今後お客さんとの接待なども発生することはない。

・・・と、思っていたが、ゴルフをしたことがあるとつい会社に漏らしてしまったがために半年に一回の社内コンペに出ざるを得なくなったことに対して文句たらたらである。

 

何がいけないのか。この高すぎるゴルフ環境がいけないのだろうか。私だって40代くらいになって生活も仕事も安定してきたらゴルフを本格的にやってもいいのだが、若い内は別にしなくてもいい。もはや営業でもないのでする必要もない。

 

紳士なスポーツがしたいのならば、もういっそみんなでテニスでも覚えたらいい。天皇陛下が美智子様と出会われたのもテニスコートだ。ゴルフよりもテニスの方が安くて楽しく、神聖ですよ?って、会社に言える度胸は、今のところないのだけれど。

 

(fin)