さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

会社の後輩の女の子とその女友達とのカオスな飲み会に行ってきた結果

会社の後輩(以下、佐々木希)と、ベトナムの会社に転職するというその女友達に誘われて、何ともよくわからない奇怪な飲み会が始まった。女友達は今度ブログを始めるらしく、周りにブログをしている人がいないため僕が召集されたわけだ。女性二人と飲みに行…

承認欲求について少し赤裸々に書いてみようと思う

普段クールぶっている僕だけれど、ツイッターでいいねをもらったりすると、正直めちゃめちゃ嬉しい。マジで飛び跳ねるくらい嬉しい。いいねきたー!と思う。 「いいねをくれた、そんなあなたがいいね」ボタンがあれば100回くらい連打したくなる。リツイート…

【RADWIMPS】「そっけない」MVの小松菜奈を見たら絶対に猛烈にキスがしたくなる件

突然だけど、キスがしたい。 早く、キスがしたい。 猛烈に、キスがしたい。 ただただ、キスがしたい。 何でもいいから、キスがしたい。 誰でもいいとは言わないが、キスがしたい。 いや違う、小松菜奈と、キスがしたい。 小松菜奈とキスができれば何でもいい…

ゴーンとビーンと国会と。このブログ、いつも読んでくれてありがとう。

世間がゴーンだのビーンだの騒いでいるけれど、そんな別次元の大金持ちが逮捕されたところで僕の人生には露ほども影響しないわけで、何なら僕は日産の車に乗っているけれどそれでも露ほども影響しないわけで、しかし連日取り上げられているので影響を受ける…

『桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ』を読んで ※ネタバレあり

恥ずかしながら、まだ一度も読んだことがなかった朝井リョウの小説を読みました。「桐島、部活やめるってよ」。 まず懺悔したいのだけれど、自分のブログのタイトルが「さいちゃん、銀行辞めたってよ」と明らかにタイトルをパクっているにも関わらず、小説を…

会社の後輩とその女友達とのカオスな飲み会でちょっと偉そうにブログを語ってきます。

会社の後輩から連絡があった。 つい先日飲みに行ってきた彼女からだった。 www.saichanblog.com 「さいちゃんさん!今度私の女友達が会社辞めてベトナムの会社に転職するらしくて、ブログも始めようと思ってるみたいです!ブログやってる人の話を聞いてみた…

【福岡・モツ鍋】僕の行きつけの最高に美味しいモツ鍋屋を満を持して紹介します。

多少学歴がバレてしまうかもしれないけれど、別にバレてもたいしたことないからいいけれど、僕は福岡の国立大学に通っていた。九州でその大学に入学できれば親孝行と言われるような大学なので、高校時代はちゃんと勉強していたと思う。だがしかし当時かなり…

facebook上でしか知らなかった素敵な女性と運命的な出会いを果たせそうです。

以前10年前に書いたmixiは黒歴史だという記事を書いたけれど、ネット上で気軽に交流ができ、共通の趣味を通して様々なコミュニティを生むなど爆発的な人気を博していたmixiが当時僕を含め何故多くの若者に飽きられてしまったのか、はっきりとした原因は思い…

紳士すぎる僕が会社の後輩の女の子と二人きりで飲みに行ってきた結果

先日、会社の後輩の女の子に飲みに誘われた。たまたま仕事終わりに駅までの帰り道で一緒になり、たわいもない会話(「キャバ嬢のドレスは意外に安いって話知ってる?」「昨日僕が見たUFOの話を聞いてほしいんだ」...etc)を繰り広げて大いに盛り上がったとこ…

最近の仕事事情とか週末東京行くこととか適当に綴るブログ。

特に何もないけれどここ最近のことをつらつらと綴ろうかと。 久しぶりのブログになってしまった。10月は5記事しか書いていないのだね、自分でも驚いた。ブログを始めた頃は色んなことが新鮮で、PVや読者数、フォロワー数の変動に一喜一憂していたけれど(こ…

自分で「中身はおっさん」と言う女子にはかわいい人しかいないよね論

米津玄師の名曲「lemon」と梶井基次郎の名作「檸檬」は、この世で最も甲乙付け難いレモンだと思うのだけれど、それについて考察していたら時間がいくらあっても足りないので今日は別の話がしたい。 突然だけど、「おっさん」という言葉をポジティブに捉えら…

【あいみょん】GOOD NIGHT BABY(Reebokとのコラボ曲)はポップなラブソング!是非CD化してほしい。

Reebok CLASSICが毎シーズン展開しているアーティストとのコラボレーションによるMV企画。その最新作のためにあいみょんが書き下ろした楽曲『Good Night Baby』のMV公開が2018年10月13日(土)に公開されました。 あいみょん×Reebok CLASSICコラボレーション…

【ラリルレ論】野田洋次郎(RADWIMPS)氏のエッセイは良くも悪くもファンは読んでいた方がいい

RADWIMPSを18歳くらいの頃に知ってから10年以上経つけれど、多くのファンがそうであるように、僕も野田洋次郎さんの才能に魅入られた一人です。 その表現力には脱帽せざるを得ません。野田さんの凄いところは、表現するのが難しい感情を上手にすくって綺麗に…

映画デートにはろくな思い出がないので、敗北だらけの悲しい過去を列挙していく。

「映画デート」に憧れを抱いたことのある人は多いのではなかろうか。むしろ憧れを抱かずにはいられないと個人的には思っている。映画は日常とかけ離れた世界にいつも誘ってくれるし、デートにはありったけの夢が詰まっている。その二つが掛け合わされた「映…

【日記】初々しい高校生カップルを見て考えたこと。10代の感情と、これからのことと、今。

ふと思うのだけど、なぜ僕らは時を遡ることができないのだろうか。誰もが驚くようなビックリ人間を時々テレビで見ることがあるけれど、過去に戻ることのできる人間は見たことがない。映画や漫画などのフィクションでそんな作品は山ほどあるけれど、このリア…