七回目のカタルシス

日々の記録と記憶

MENU

2018-06-25から1日間の記事一覧

【十角館の殺人】「あの一行」に誰もが驚く!【あらすじ・感想・ネタバレなしレビュー】

綾辻行人のデビュー作、本格ミステリ小説『十角館の殺人』を読みました。ミステリ好きにはとても有名な本かもしれませんが、この本、なんと1987年に刊行されています。刊行から30年以上経つ今なおミステリの最前線で人気を博し、累計100万部のベストセラーと…