さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

【転職希望者必見!】本日4/11日経新聞一面大見出しは「転職で賃金増広がる」!

f:id:negitoro1222:20180422000643j:plain

転職で賃金増広がる

転職市場が今アツい。

今日の日経新聞の一面を飾ったのは転職の記事だ。

 

2017年度は転職者の求人倍率が過去最高となった。

また、転職後の賃金が1割以上増えた人も3割と最も高い水準にあるそうだ。

 

転職者の求人倍率も「1.86倍」(リクルートキャリア調べ)と、つまり

企業による求人 が 職を求める人

を上回る状況だそうだ。

企業を選ばなければ必ず転職ができる環境ということだ。

 

さらに前職より給料が上がる人が3割にも登る世の中。

 

 

私が転職した時も、かなり転職しやすい環境だと感じたが、今はその時より更に

しやすくなっているのだろう。

 

 

相変わらず今も、CMは転職祭りだ。

 

リクートキャリア「転職のそばに」

マイナビ転職「本気、だから」

DODA「条件は、今より良い会社。以上」

エン転職「転職に、エンを」

 

ついでにいえば

 

タウンワーク「バイト探しはタウンワーク」

indeed「仕事バイト探しはインディード」

 

 

どんだけ我々に仕事させたいんだ日本よ。

 

 

慢性的に人手不足な日本だが、特にIT企業などは能力の高い人を積極的に雇用しているとのことだ。

AIが普及する未来が確実にわかっているのだから、キャリアを磨いている人はより報酬の高い企業へ移っていくチャンスも大いにある。

 

私が転職した理由の一つに、専門的スキルを身につけ、能力を高めたかったことがある。

私は銀行からメーカーの経理に転職したのだが、経理はどの企業にも必要なスキルだ。

 

公認会計士や簿記など、自己研鑽により自分を高めることの出来るレベルの高い資格もいくらでも準備されている。

 

銀行からの転職を考えている人は、銀行で働いて身につく力は銀行でしか使えないということがかなり大きい動機になっているだろう。

 

銀行でずっと働き続ける意思をしっかり持っている人はいいが、もしどこかくすぶるところがあるのなら、この転職市場は絶好のチャンスだ。

 

 

もちろんそれは銀行だけに限らない。

転職はすべての業界に当てはまる。

 

今自分が働いている業界でもいい。

中小企業で働く人はより良いスキルアップ、キャリアアップを図るために大企業にチャレンジすることもできる。

 

今大企業でスキルを磨いている人はベンチャー企業にダイナミックに挑戦することで上限のない報酬を得ることができるかもしれない。

 

 

現状に満足している人はいい。

あなたは満足しているだろうか?

このままで将来に不安はないだろうか?

本当はやりたいことがあったのに、現状や環境のせいにして今の生活に妥協してはいないか?

 

同じ会社で定年まで働き続けるのも一つの美徳だろう。

出世を虎視眈々と狙うのも勿論いい。 

 

だが一度きりの人生だ。

人生は短いかもしれないが、働くには十分長い。

 

世界はあなたが今いる会社だけではない。

飛び出した世界には今よりもっと大きな何かを得られるかもしれない。

その気持ちがあるのなら、今世の中にはいくらでもチャンスが広がっている。

 

 

(fin)