さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

銀行を辞めて良かったと心から思う。だけど銀行のことは嫌いではない。

f:id:negitoro1222:20180425225135j:plain

銀行を入社5年で退職し、メーカーの経理に転職して心から良かったと思っているし、今まで散々転職の薦めをしてきた私であるが、勘違いしてほしくはない。

 

私は銀行が嫌いなわけではない。

 

銀行で出会った同期や先輩後輩、お客様も含めて、それはかけがえのない出会いだったと思うし、知らず知らずの内に身についていた知識や技術もある。

最初に配属された支店で死にもの狂いで頑張って本店営業部に異動させてもらった時は、人事評価も正当にされて努力は報われるんだとも思った。

 

ただ私は「銀行」という業界の将来を憂いていたし、果たして自分は支店長になりたいんだろうか?仮にこのまま出世できたとして、その先の仕事に魅力はあるだろうか?という疑問に、はっきりと「NO」という答えが出た。

 

銀行で出世して支店長になって、それから何がしたいというビジョンがまったく持てなかった。接待や地域行事の付き合いで毎晩のようにお客さんと飲みに出かける支店長に、私はむしろ絶望を感じた。若い頃ならまだいいが、やはり仕事が終わったら早く家に帰りたいし、趣味にも時間を費やしたい、家族ともっと触れ合いたいと思う。

 

でもそれは未来の話。働いていた時に抱いていた感情はまた違う。

 

銀行の仕事は苦しかった。だけど好きだったと思う。

 

銀行はほとんどの人間が営業職。 一般の人が通常イメージする窓口の女性たちも、パートの人を除けばほとんどの人間がノルマを貼られている。カードや保険、投資信託、どれをセールスしようか考えながら仕事をしている。日々何かを取っていかなければ、最終的にノルマを達成しないと上司から詰められるからだ。

 

私は法人融資業務が長かったが、もちろん単に融資をしていればいいわけではない。

先ほど述べた様々なノルマが課せられていたし、本業の融資の稟議や格付等の事務の期日にも日々追われていた。

 

苦しくなかったといえば嘘になる。いいや、正直に言えばとても苦しかった

休みの日であっても、担当顧客への融資を約束の日に間に合わせることができるか、

契約の準備は大丈夫なのか、あそこでやったあの事務はあれで正しかったのか、様々な不安が頭を巡ってなかなか休まることはなかった。

 

銀行の仕事は「お金」を取り扱う。生半可な責任では許されない。

 

だが、与えられた目標を達成していくことは私は楽しかった。顧客にとってメリットのある提案をし、メインバンクを変えてもらった経験も何度もある。

銀行は支店同士で営業成績を争う。負けず嫌いな私は、早く自分の目標を達成して支店に貢献したい、何より誰にも負けたくないという感情でただがむしゃらに働いていたように思う。

 

そして銀行には意識が高く熱い人間が多い。仕事や上司の愚痴を言いながらも、なんだかんだ「でも頑張ろうぜ」と語り合う。そんな仲間達と一緒に働けた時間は私の財産になった。

 

だけど私は将来のことを考えずにはいられなかった。

 

銀行で身につける仕事は、基本的に銀行でしか活かせないことが多い。

 

f:id:negitoro1222:20180425225154j:plain

銀行で学ぶ知識は金融として幅広い。日々株価や為替動向と向き合い、法人営業としてあらゆる業界の研究をし、また取引先の社長と話したりすることで知らず知らずのうちに身につく知識は多かったと思う。

 

だけどそれはあくまで一般的教養としての知識だ。

銀行の業務は特殊性が強い。例えば預金や為替、融資、外国為替等の事務を覚えたところで、銀行以外の社会に出れば何も持たされずに砂漠に放り出されるのと同じようなものだ。

 

私は銀行という世界で人生を終わらせるのがとても勿体無いと思った

私は簿記や会計学が好きだったし、何より専門性のある仕事を極めたいと思った。

銀行の仕事を極めること。それは私の望むものではなかった。

私はどんな社会に出ても、その専門性で生きていける道に進みたかった

 

だから経理という道を選んだ。

 

私は銀行を飛び出し、かねてよりやりたかった、そしてどんな会社にも必要である経理という仕事を選んだ。私はなんだかんだ数字が好きなのだ。理系から文系に変えたこともある私だが、数字を扱う簿記や会計は自分に合っているととても思う。

 

だから私は今幸せなんだ。日々専門性を身に着けている成長を実感できる。何よりやりたい仕事に就けているし、自分の都合でスケジュールを立てられる。早く帰って趣味にも家族にも時間を費やせる。

 

銀行で働いていた頃のような、闘争心剥き出しで、負けたくないとギラギラしていた感覚はなくなってしまったかもしれない。

 

だけどあの頃、がむしゃらに何かに没頭していた時間はけして無駄ではなかったと思う。銀行で働いていたおかげで多くの素晴らしい同僚に出会えた。叩き込まれた金融知識もビジネスマナーも、今とても役に立っている。

 

人生思うように生きたらいいと思う。

 

銀行が性に合う人は、ずっとその道を突き進めばいいと思う。

銀行が合わないと思う人や他にやりたいことがある人は、思い切って転職したらいい。

 

周りがどうとか、環境がなんだとか、言い訳だけ残して何もしないのは勿体無い。

 

自分の思う道を進んだらいい。

今がむしゃらで銀行で頑張ってる同期や先輩後輩はいっぱいいる。

頑張ることを決めた人にはとことん頑張ってほしいと思う。私は銀行で働いていたことを誇りに思ってる。

 

5年後、10年後に、出世した仲間達と、今抱えてるそれぞれの悩みや愚痴を聞きながらお酒を酌み交わすのは、きっととても楽しいだろうなぁ。

 

 

 

(fin)

 

↓関連記事↓(たぶん下の記事が一番人気です)

拝啓銀行様 今まで大変申し訳ございませんでした。これからも応援してます。