さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

銀行から事務職(経理)に転職して感じる12の良かったことと4つの悪かったこと

銀行に5年勤め、現在メーカーの事務職(経理)に転職した私が思う、銀行から事務職に転職して良かったと感じることと、逆に悪かったと感じることをまとめてみようと思う。

 

www.saichanblog.com

銀行を辞めたいと思う/辞めた方がいい「100」の理由【銀行員は必ず共感する】 - さいちゃん、銀行辞めたってよ

 

以前こちらの記事を書いてけっこうな反響をもらったので、銀行関係の人でこの記事を読んだ人もいるかもしれない。今回は実際に転職して良かったこと悪かったことを率直に書いていく。

あくまで私のケースなのでそれが一般的な転職に当てはまるとは限らないけれど(転職先や業界によって当然違いはある)、実際に転職して感じた生の感想なので「銀行から転職を考えている」人には参考になると思う。

 

銀行から事務職に転職して良かったと感じる12のこと

 

 01 一つの専門業を集中して学ぶことができ、専門性が身についている感覚を覚える

 

元々やりたかった仕事ができているのが一番大きい。「経理」も原価計算や決算整理、監査対応等々多くの仕事が分けられているが、一つ一つを学びながら専門性を高めていっている感覚がある。

また、銀行では特にエクセルやパワーポイントなどを使う機会はそこまで多くなかったのだが、今はそれらをよく利用するため自然と吸収していく。

 

02 事務職なのでノルマが無い

 

営業ではなくなったのでノルマがない。目標を追ったり追われたりするというのが無くなった。銀行で目標を追っている時は楽しいものだが、常にそういうわけにもいかず追われている時は苦しいものだった。そういうことが無くなり精神的に安定している。

現在は決算期などは集中して忙しくなるけれど、基本的に年中自分のペースで仕事ができる。

 

03 経営に携わることができる

 

経理は決算業務を担うので、売上や利益について経営職と話しながら見通しや改善方法を練っていく。私は銀行には5年しかいなかったので経営には携わることができなかったが、経理にいると若くても経営に携わることができる。

ただし、銀行で融資などを担当していると取引先社長の考えなどを直接聞くことができる。これは銀行の良いところだと思う。

 

04 飲み会が劇的に減った

 

銀行の時は付き合いや接待、歓送迎会など飲み会が多かったが、現在はほとんどなくなり無駄な出費が劇的に減った。今は自分が飲みたいと思った時、そして飲みたいと思った人と飲みに行っている。これが本来あるべき姿だと思ってる。

 

05 風通しが良い

 

支店にもよるのだけれど、雰囲気が悪いところは風通しが悪く、気軽に支店長や部長に意見を言えない雰囲気がある。経理は少人数体制で直接部長にも意見が言える(ただし勿論これは会社にもよる)。

 

06 営業の後ろめたさのようなものが一切無い

 

銀行で扱うものはまさに「お金」そのもの。投資信託などの運用商品は、利益が出て喜ばれることも勿論あるが、反対に下がるリスクもあり売るタイミングによっては損をさせてしまう。私は資産運用を担当した期間は長くなかったが、売りたくない時期でも目標のために売らないといけないため、どうしても後ろめたさが拭えなかった。事務職になると仕事でそういう心配は無くなった。

 

07 転勤が少ない

 

銀行は3年前後で転勤があるため、居住地が安定しない。経理も転勤がないわけではないのだが、銀行ほど頻繁にはない。参考までに私の会社は10年に1回あるかないかくらい。居住地が安定するので人生の設計が立てやすい。

 

08 飲み物を机に置いておける

 

かなり些細なことだと思うけど、銀行から事務職に転職してまず最初にこれに感動した。銀行は現金や小切手、手形等の大切な物を預かるため、机の上に飲み物を置いておくとこぼしてしまうと大変なことになるため置かないのが基本。今はコーヒー飲みながら仕事できることが当たり前になって、これは意外とけっこう大事。

些細なことを挙げればネクタイを年中つけなくていいとか、シャツの柄が自由だとかキリが無いので、飲み物を代表として挙げておく。

 

09 定年まで働くことができ、出向がない

 

銀行は50歳を過ぎるとほとんどの人間は関連会社や取引先に出向させられる。そしてだいたい52歳前後で銀行から退職することになり、そこからは完全に出向先の社員として生きていく。せっかく支店長クラスまで上り詰めることができたとしても、出向先でまた一から人間関係を構築していかなくてはならず、うまくいかずに出向先から銀行にクレームが入るケースもよく聞いた。現在は定年まで働くことができるので安心して働ける。

 

10 わからないことは周りに聞けばゆっくりかなり丁寧に教えてくれる(みんな心に余裕がある)

 

銀行はみんな顧客や時間やノルマなどに追われていてかなり忙しいので、心にゆとりがある人が少ない。人が忙しそうにしているとより聞きづらく、じっくり教えてもらう時間も無い。

現在はみんな自分のペースで仕事をしており、別に何かに追われているわけでもないので時間がある。1つのことを聞いたら10返ってくるくらい丁寧に指導してもらえる。経理はまったくの素人だったけれど、転職してからでも十分スキルを磨くことができる。

 

11 休みが多く、さらに有給が取りやすい

 

銀行はカレンダー通りなのでお盆や夏休みもなく、正月休みも少ない。また休みが信じられないほど取りづらい。人繰りの調整がつかず希望通りに休めることは少ない。

現在はお盆も夏休みもあり、正月休みも長い。毎月3連休が必ずあるように、特別休暇も多く設定されている。また有給は自分の仕事の調整がつけばいつでも取ることができ、当日の朝に申請して昼から休むなんてこともできる。

 

12 出世争いの概念がない(後で書くがこれは悪かったことにもなる)

 

銀行は出世していくには常に人事考課を上げていかなければならない。それが楽しくもあるのだが、一度つまずいた人は取り返しがつかなかったりもするのでやはり過酷は過酷。現在は適度に人とうまくやっていって仕事を覚えていけば自然と出世していける。

 

 

と、まぁうだうだと書いてきたが、正直この一言で全てがまとまる。

 

 

ノンストレス 

 

 

さて、では次は逆に悪かったことを述べていく。

 

銀行から事務職に転職して悪かったと感じる4つのこと

 

01 仕事に対して熱く燃える気持ちが無くなった

 

銀行にいる時は同期や周りに負けたくないという気持ちや、頑張れば頑張るほど自分の数字が出来上がっていくことにかなり楽しさを感じていたし、熱くギラギラしていた。

今は完全に人が変わったように平和を求めるようになってしまった。きついながらも数字を作り上げたり、難しい稟議を通して顧客に貢献したなどの達成感を味わうことがなくなったことも挙げられる。

 

02 一丸となって頑張るチームワークを感じなくなった

 

銀行は支店間で目標を争いあうので、同じ支店で一丸となって頑張るチームワークも試されていて(誰かが数字を取れないときは他の人でカバーするなど)、それが楽しくもあった。

今は淡々と自分の仕事に向き合って、私はそういうのも好きなのでいいのだが、自分の仕事さえやっていればいいので一丸となって仕事をやりあげていくという気持ちを感じることがなくなった。

 

03 少なくとも30代~40代での給料は下がった

 

私は銀行で5年働いて辞めたので、本格的に給料が上がる前だった。銀行は若手の時は給料は高くないが、役職がつくと一気に上がる。30代~40代の給料は業界トップレベルだろう。

 

転職して今のところ給料も福利厚生もあまり変わっていないが、もし銀行にそのまま残り続けた場合と比較すると30代~40代、そして出向するまでの52歳くらいまでの給料は銀行の方が高かったと思う。

ただ銀行の給料が仕事の忙しさに見合ったものなのかと聞かれるとそこは疑問であり、現在は飲み会などの出費も少なくなったので可処分所得はむしろ増えたのではないかとは思うのだけれど。

 

 04 若手が少ない

 

銀行は毎年新入行員が入ってきて支店は常に若さで溢れているのだが、経理はあまり人員を投入しないのでそのまま平均的に年齢が上がっていく。銀行の本部のようなものかもしれない。銀行は最初から本部配属はかなり稀で、本部に行くとしても最低3、4ヶ店は経験してから配属されるので、年齢層が高い。

 

 

悪かったと思うところはこれくらい。

 

まとめ

 

今のところはこれくらいで、良かったことのほうが圧倒的に多く感じている。

私は経理の仕事が元々したかったので転職して本当に良かったと思うし、早帰りもできるので家族や趣味に時間を費やすことができ、生活に潤いが生まれた。

 

「仕事に対して周りと競いながら数字を作り上げていきたい」なんて人は銀行の方が合っていると思うけれど、経理は決算や経営を通じて社内の全ての部署や社外と付き合っていくので私は楽しいと思う。

 

良かったことと悪かったことは思いついたらこれからもこの記事にどんどん追記していこうと思うので、銀行から転職を考えている人がいれば参考にしてほしい。

但し、私は運よく良い会社に転職することができたけれど、転職は頻繁にできるものでもないので慎重にしてほしい。事前に業界をリサーチしたり、不安なことは転職エージェントに何でも思い切って相談することが大事だ。

 

銀行から事務職に転職した方法は以下の記事に全部書いてます>>>

www.saichanblog.com

銀行から経理に転職するためにやったこと具体的に全部話す - さいちゃん、銀行辞めたってよ

  

(fin)