さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

「googleads.g.doubleclick.net」という謎参照元からのアクセスを調べたら驚くほど灯台下暗しだった。

先月と比べ、PV(page view)の激落ち具合が甚だしい私だ。ライザップの体重の落ち具合なんて私のPVに比べればたいしたことない。おそらくその辺のジェットコースターよりも凄い角度で落ちてる。こいつに適う物なんてないと思っていたけど、今ならこいつの力よりも落ちてる自信ある。

 

 (↓こいつ)

激落ちくん ( メラミンスポンジ )

激落ちくん ( メラミンスポンジ )

 

 

激落ちくんよりも激落ちしてるPVの原因としては、先月Googleおススメ記事Chrome砲や他3回のスマニュー砲など歓喜の砲弾を何故か1ヶ月にまとめて受けたため、分不相応に7万PVを記録してしまったせいにある。いや勿論嬉しいことではあるのだが、今月一切そういったものがないため当然のごとく落ちているのである。

 

www.saichanblog.com

 

まぁこんなものは狙って受けるものではなくおまけみたいなものだから、今月から堅実に自分の実力が測っていけると思えばいいのだが。

 

激落ちPVを救う新星「googleads.g.doubleclick.net」

 

そんな中、激落ちくんよりも激落ちくんな私を救ってくれているものがある。最近たまにアナリティクスを見ると、参照元「googleads.g.doubleclick.net」という見たこともないところからアクセスが来ているのだ。

最初は頭に「google」とあるので、もしやおすすめ記事だろうかと淡い期待を抱いたりしたのだが、先ほど貼った記事にもあるようにgoogleおすすめ記事は「googleapis.com」が参照元となる。だからそれとはまた違うのだ。最初はほっといたのだが、ちょくちょく見るので気になって調べてみた。すると驚くほど灯台下暗しだったのである。

 

新星の正体は自分のサイトに貼った「関連コンテンツ」だった

 

以前アドセンスの神ツール「関連コンテンツ」の紹介記事を書いた。

 

www.saichanblog.com

 

解放されてからすぐさま記事下に貼っているのだけれど、参照元「googleads.g.doubleclick.net」の正体はまさにこの「関連コンテンツ」だったのだ。

 

f:id:negitoro1222:20180714191838p:plain

関連コンテンツ(PC版)

 

自分のサイトに貼った自分の広告ユニットから来ているなんて、驚くほど灯台下暗しだった。この関連コンテンツはGoogleアドセンスの広告ユニットであるため、ここに貼られた自サイトの他記事が見られると参照元がGoogle管轄の「googleads.g.doubleclick.net」になるらしい。

ということは、やはり記事に書いたように関連コンテンツはPVが9%、滞在時間10%向上するというのは本当なのかもしれない。この関連コンテンツが私のPVをかろうじて支えてくれているのだ。

 

まとめ

 

というわけで今回はブロガー向けの内容になったが、今までのことをまとめると

 

・私の今月のPVは激落ちくんよりも激落ちくん

・だけどそれを支える「googleads.g.doubleclick.net」はやはり神ツール「関連コンテンツ」だった

・「関連コンテンツ」の実力はどうやら確からしい。

 

以上である。参照元「googleads.g.doubleclick.net」というものをアナリティクスで見れば関連コンテンツの効果を実感できるので覚えておくといいかもしれない。

 

(fin)