さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

長崎・平戸の海が綺麗過ぎる。地元の海の美しさを見てくれ【根獅子・人津久】

私の地元は山と海と森と川しかないという話は昔した気がする。世の中では徐々に仮想通貨が普及しつつある中、地元では未だにカブトムシが貨幣として当たり前に使われている。

 

せっかくなので地元の文化を他にもう一つだけ話そう。地元に残った男性が地元の女性にプロポーズする際は、婚約指輪の代わりにヘラクレスオオカブトを差し出すことが暗黙の必須条件となっている。しかし地元にはヘラクレスが存在しないため、プロポーズを決意した男性は南米中部までヘラクレスを求めて旅するが、なかなか手にすることは難しく、結果的にプロポーズが成立しないため、結婚が進まず子も生まれず、過疎化が進む最大の要因となっていることを最近村長が暴露していた。次の議会では、入手難易度のランクを下げてヘラクレスからコクワガタに変更すべきだという議題が論じられるらしい。

 

そんな話はさておき、今日は地元の海を紹介しよう。私の地元は長崎県の平戸市というところで、そこには自然しかないと本気で思っているのだけれど、大人になってその自然にただただ感動したのである。小さい頃当たり前だった山も海も森も川も、そのどれもが美しく、かけがえのないものだと、時々帰った時により強く感じるようになったのだ。

 

今から地元の海の写真を貼っていく。もう言葉はあまりいらないだろう。

ただただ見てほしい。

 

根獅子

 

f:id:negitoro1222:20180826230608j:plain

f:id:negitoro1222:20180826233638p:plain

f:id:negitoro1222:20180826230717j:plain

f:id:negitoro1222:20180826230600j:plain

f:id:negitoro1222:20180826230720j:plain

 f:id:negitoro1222:20180826230906j:plain

 f:id:negitoro1222:20180826230912j:plain



根獅子と書いて「ねしこ」と読む。海はエメラルドグリーンで本当に美しい。そしてとても透き通っている。まるで私の心のようだ。

 

まったく知らなかったのだけれど、日本の水浴場55選というものに認定されていたらしい(現在は88選の模様)。それにしても最後の写真の認定記念、もっとまともなもの作れないのだろうか...。

 

人津久

 

f:id:negitoro1222:20180826231422j:plain

f:id:negitoro1222:20180826231425j:plain

f:id:negitoro1222:20180826231434j:plain

 f:id:negitoro1222:20180826231643j:plain

f:id:negitoro1222:20180826231646j:plain

 

先ほどの根獅子に隣接した人津久(ひとつく)。まるで海外のように美しい海だ。私は写真に関しては当然素人なのだが、そんな私でもこれほど美しく撮れる。直接目で見るとこの何百倍も綺麗なので、その素敵さが100%伝えられないのが残念だ。

 

鹿島浜

 

f:id:negitoro1222:20180826231829j:plain

f:id:negitoro1222:20180826231826j:plain

f:id:negitoro1222:20180826231823j:plain

f:id:negitoro1222:20180826231820j:plain


さらにその隣の鹿島浜。まるで冒険したくなるような島がある。童心に帰るような、子ども心をくすぐるビーチだ。

最後に

 

というわけで前置きを除けばほとんど写真だらけの記事だったけれど、地元の海の美しさが少しでも伝わってくれれば嬉しい。沖縄や海外のビーチも勿論綺麗だと思うが、それらにひけをとらない美しい海が長崎の平戸にはある。

何事もそうだが、写真を見るのと実際にその目で見るのとでは全然違う。九州に旅行する機会があれば、是非とも足を運んでほしい。

 

(fin)