さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

【十角館の殺人】「あの一行」に誰もが驚く!【あらすじ・感想・ネタバレなしレビュー】

綾辻行人のデビュー作、本格ミステリ小説『十角館の殺人』を読みました。ミステリ好きにはとても有名な本かもしれませんが、この本、なんと1987年に刊行されています。刊行から30年以上経つ今なおミステリの最前線で人気を博し、累計100万部のベストセラーとなっている『十角館の殺人』、まさに最高の一作でした。

 

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

 

 

まだ読んだことのない人は幸運です。なんてラッキーなんでしょう、この作品をこれから読めるだなんて。私はもう読み終えてしまったから、もう出会えないんです。あのワクワク感に、アドレナリン全開で終盤一気に読んでしまうあのドキドキ感に。

 

この本を読む前、私もミステリ好きの友人から言われました。「お前はいいよな。まだ十角館の殺人を読んでないんだから。俺はもう読んでしまったから、もうあの感覚を味わえないんだ。もう人生半分終わったようなもんだよ」と。その時はいや、言いすぎだろ、そう思いました。ですが読み終わった後、私の人生半分終わったと思いました。

 

あらすじ

 本の背表紙に書いてある通りに記載します。

十角館の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

 

大学のミス研の7人が島を訪れ、次々と一人ずつ殺されていきます。なぜ彼らは殺されなければいけないのか、半年前に起きた青屋敷炎上事件との関係性はあるのか、そしていったい、誰が殺したのか...、非常に読み応えのある内容となっています。

 

感想・ネタバレなしレビュー

 

当時の状況

 

この作品は、87年に刊行されていますので携帯もありませんし、ワープロも広く普及していません。そうした当時の状況なので、孤島を訪れた7人は外部に連絡する術がありません。島へは船で漁師に連れて行ってもらったのですが、1週間後に迎えに来るということにしているのでその間は連絡手段がありません。「このミス」「週間文春」「本ミス」ランキング1位の『屍人荘の殺人』やかの有名な『そして誰もいなくなった』のようにクローズドサークル(何らかの事情で外界との往来が断たれた状況)です。

 

感想・レビュー

 

最初のプロローグでこれから犯罪を起そうとする犯人の心情が語られます。そして物語を読み進めていくと、もしかしてこの人が犯人ではないのか?と思うところもあると思います。私も犯人の目星をつけました。しかしまた読み進めていくと、だんだんとまたわからなくなってきます。そして次々と起きていく殺人。残されるメンバーは恐怖とパニックで神経がおかしくなる者も出てきます。それもそうでしょう、次に殺されるのは自分かもしれないと考えたら恐怖でおかしくなるのも当然です。

 

是非、犯人は誰なのか考えながら読み進めて欲しい。そして物語の終盤、「衝撃の一行」があなたを待ち受けます。完全に不意をつかれたような、まったく何が起きたのかわからないような、とてつもない衝撃。「その一行」を読んだあと、私も思わず呟きました。

 

 

あまりに衝撃でした。本当に意味がわかりませんでした。それからもう、アドレナリン全開、心臓バクバクです。最後まで一気に読み上げました。読み終えた後の私の生のツイートも載せておきます。

 

 

 

大袈裟かもしれませんが、とにかく面白いです。最初にも言いましたが、まだ読んだことのない人は幸運です。これから読むことができるなんて羨ましい。是非読んで欲しい最高のミステリ小説です。

 

 kindle版

 

十角館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)

十角館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)

 

 

途中にも言いましたが、「このミス」「週間文春」「本ミス」ランキングで1位となり、史上初のデビュー作ミステリランキング3冠達成の『屍人荘の殺人』のレビューも書いていますので是非読んでみてください。

>>>

【史上初のミステリランキング3冠】『屍人荘の殺人』を読んだ感想【ネタバレなしレビュー】 - さいちゃん、銀行辞めたってよ