さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

妻に「あなたはパソコンと結婚したのね」と言われました

ついに恐れていたことが起きた。こうなることは予測できたはずなのに。「予感めいたものなど、何一つなかった」と東野圭吾の『秘密』の冒頭ばりにかっこよく言いたいけれど、むしろ予感めいたものしかなかった。考えてみれば思い当たる言動しかない。こうなってしまった今、「なんてことは、まるでない」と伊坂幸太郎の『砂漠』のように言いたい所でもあるけれど、そんなわけにもいかない。

 

私がブログをしていることは当初から妻に内緒にしていた。執拗に隠していた。

投資信託がついにプラスに転じたので、妻にブログを始めたことを言える日も近いかもしれない - さいちゃん、銀行辞めたってよ

ブログがばれては妻に内緒で100万の投資信託を勝手に買ったこともばれてしまう。妻にばれぬよう、私が施した隠蔽工作は多岐に渡る。ブログを書いている時、何をしているのかとパソコンを覗き込もうと画策する妻の気配に常に神経を尖らせ、パソコンに近づこうものなら光の速度で別の画面に切り替える。

 

更に投信購入の資金の流れがわかる通帳を見られぬよう、妻には通帳は大事な物なので銀行の貸金庫に預けていると大嘘をつき、書棚にうまいこと隠している。他にも施した策は多数。検索履歴の削除、閲覧機能の制限、SNS公開範囲の縮小、米朝首脳会談のセッティング、家事手伝いによるご機嫌取り、エトセトラ、エトセトラ...。私の排他的パソコン域を死守するため、ここ数ヶ月の働きぶりはまさに周到であり、対策は万全であった。絶対にばれていない。仮にばれたとしても、私は一つだけ妻に対する抗弁権を得た。

 

それはこのブログで発生した収益である。その金額はマイナスに転じた投信の損失を補える。つまりは勝手投信購入とブログ秘匿の罪は涙ながらに「す、少しでも家計の助けになればと思ってブログやってたんだよ(嘘)!お、おたすけを~!」と大変スマートにかっこよく抗弁できるのである。と、思った。そう確かに思ってたんだが、よくよく考えれば収益の大部分は巨乳関連の記事から発生しているし、ブログがばれては巨乳だのおっぱいだの連呼した記事を見られてしまうことになる。

 

www.saichanblog.com

 

たとえそれらが絶対的正義ではないと結論づけるものだとしても、そんなものを妻に見られては天が裂け地が唸るほど激怒されることは想像に難くない。そうなってしまえば私が仕事に行っている間に妻は荷物をまとめて里に帰っていること請け合いだ。なんということでしょう。私の唯一の抗弁権が、実は己を孤独へと突き落とす絶望への扉の鍵だったとは。だが権利を行使する前に気づけてよかった。結局のところばれなければよい。今まで通りスマートにやればよいのだ。

 

私は今まで以上に神経を尖らせ、帰宅後パソコンを開き何かブログを見られたような形跡がないか細かく調べ、大丈夫なことを確認し以後就寝までパソコンの門番と化した。ずっとパソコンの前で何か作業をしていた。そんな日が何日も続いた。そして、昨日、ついに妻に言われてしまったのである。

 

 

「あなたはパソコンと結婚したのね」

 

 

寂しさを帯びたその一言は、私の良心を打ち砕くには十分だった。本当に、自分の心臓が粉々に砕かれたような感覚を覚えた。暗く深い闇夜に落ちてゆく己の様を想像した。最低である。最低な夫である。ブログは確かにばれてはいないだろう。だが本当に守らなければならないのはブログでもパソコンでもなく、妻の心だった。私はいつの間にかブログに時間を割きすぎ、一番愛を注がなければならない妻をなおざりにしていたのだ。私が嬉々としてパソコンに向かってカタカタしている間、妻はずっと寂しい思いをしていたというのに。

 

なんということだ。少し考えれば、気づけたはずなのに。私はずっと、己の保身のことばかりを考えていた。こんなことでは保身のために自分のミスを後輩になすりつけようとしたいつかの銀行のクズと同じではないか。

 

www.saichanblog.com

 

いや、生涯の伴侶を傷つけ孤独感を感じさせた私の罪は重い。私はもう、これ以上妻に寂しい思いをさせるわけにはいかない。私が一番悪いことに間違いないけれど、その他に挙げるとしたら何がいけないのか。ブログがいけないのか、パソコンがいけないのか、巨乳がいけないのか。低劣なクズの領域に落ちた私にはその判別すらつかない。だがあらん限りの知恵を振り絞って推察するに、おそらく巨乳であろう。あの記事以来私のブログもなんかおかしくなっている。たぶん、間違いない。

 

ブログは続ける。パソコンも続ける。しかし妻と過ごす時間を今後大幅に増やす。二度と寂しい思いはさせない。そして巨乳はやめる。最近巨乳オチに頼り切っていた節があることは認めよう。今回限りでさよならだ。きっぱりと。たぶん。どうしてこういうことになったのかわからないが、私のブログはスマートでなければならない。そう、スマートに。「行政改革」と、「完全犯罪」。私の将来の夢であるこの2大テーマについて、今後ただブツブツつぶやくだけの何も面白くない堅苦しいブログにしていくのでどうぞよろしく。

 

 

なんてことは、まるでない。

 

(fin)