さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

【RADWIMPS】「そっけない」MVの小松菜奈を見たら絶対に猛烈にキスがしたくなる件

突然だけど、キスがしたい。

早く、キスがしたい。

猛烈に、キスがしたい。

ただただ、キスがしたい。

何でもいいから、キスがしたい。

誰でもいいとは言わないが、キスがしたい。

いや違う、小松菜奈と、キスがしたい。

小松菜奈とキスができれば何でもいい。

小松菜奈とキスするために生まれてきたかった。

小松菜奈とキスができればもう生を終えても本望だ。

それはいくらなんでも言いすぎたけど、けれどもただただ、小松菜奈とキスがしたい。

 

 

そんなことを狂おしく思うほど、キスがしたくなった経験はおありだろうか。

僕はある。つい最近ある。

 

とあるミュージックビデオを見たら

「あぁ今すぐに、キスがしたい!あぁあ!キスが!したいいいい!!小松菜奈あああああああ!!」

という感情に襲われてしまった。抗いようもなかった。もう本能のままそう思うしかなかった。

 

もうさっそく言うけれど、そのミュージックビデオとは僕が敬愛してやまないRADWIMPSの新曲「そっけない」だ。

 

2018年12月12日に発売されるニューアルバム「ANTI ANTI GENERATION」の中から先行で公開されたこの曲。聞く前から、見る前から、僕はドキドキしていた。いつもRADの新曲を聞く前はドキドキする。ツイッターで野田洋次郎さんも「そっけない」について触れていた。

 

 

MVのロマンチックとは何なのか。久しぶりの恋愛曲か?と期待が高まる。やはりRADの歌、野田さんの書く詞は恋愛曲がその真骨頂だと思うから。

 

 

ここで完全に曲について触れている。新しい角度のラブソング。恋が始まる前のあの何とも言えないモゾモゾ、ハラハラ、ドクドクする気持ちの歌。もうめちゃめちゃ楽しみだ。 

 

 

そして満を持して公開された。上記は公式のツイートで、ここで知る!小松菜奈出るのね!!そりゃクオリティ高いでしょ!1秒でも早く見たい!!となる。

 

そして!!!!

見た!!!

 

(あ、目次置いときます)

  

そっけない

 

 
 
なんだこの歌はあああああ!!!
なんだこのミュージックビデオはあああああ!!!!
最高かああああああ!!!!
 
 
 
 
キスしてーーーーーーーー!!!!!
 
と、なる。もう本当に。もうメロメロに。
抗いようはない、本当にない。
何この空気感!すごく良い!凄く良いよ!!!と、なる。
 
いやもう全てがいい。
え、もうここまで読んだ人は勿論見ましたよね?見てなかったらちょっと申し訳ないんだけど、少し上にスクロールして見てきてくれません?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見てきてないよね?
え?見ました?
じゃあ安心してネタバレするよ?
 
まぁ僕だったら絶対面倒だから見ないけど。
なんならもうここまでこの記事読んでないけど。
今ここまで見てくれたあなたは勇者。
せっかくだから最後まで読んでください。
 

感想と実況中継

 
もう、本当にこのMVは良かった。
もう、前半から良かった。
きっと大学生かなぁ、宅飲みして楽しんでそのまま部屋で各々寝てるのね。あるよね。大学生はあるある。男女がね、そのまま楽しんで夜が明けるっていうね。まぁ僕はなかったけど。
 
明け方、ふと女の子の足が当たって目が覚めるんですよ。
ん?って。何?って。でも振り返ると背中を向けて寝ていてね。なんだ?触れたかと思ったけど気のせいか?と思うんですよ。
 
そしたらモゾモゾと女の子がこっちを向きなおすのね。うん。寝てるみたいだけど。そしたら手が触れるのね。触れてくるのね。おっとぉ。起きてるのか...?ドキドキする。でも周りみんないるからさ、みんなが寝てることを一旦確認するのね。そしたらまた明らかに手を触れてきてるのね。
 
キター!これ自分にキテルー!!そう思う。
もうそしたらさ、手を握るよね。重ねるよね。指と指を重ねるような、なんかステディな握り方をして?
 
そしたらさ、ベッドで寝てる別の女の子がこっちをうっすら見てのね。うわーいいね、いいね。なんか始まってるよー!って女の子も面白そうに見てる。
 
でね、もう手を握っちゃってるから、しかも相手から来てるから、もう男なら行くしかないよね?行くよね?絶対にここは行くよね?
 
そして、行く!勢いよく振り返る!よくやった!
勿論小松菜奈がこっちを向いて寝てるさ!本当は起きてるくせに!起きてることは知ってるさ!触れてきてるんだからな!誘ってきたのはそっちだ!
 
もう見ちゃうよ!その無防備な唇を!!
もうキスがしたくなってる!キスがしたい!そこに唇があるんだもん!寝てんだもん!でも起きてるくせに!そりゃキスするよ!誘ってきたのはそっちだろう!?
 
行く!行って大丈夫だ!さぁ行くんだ!キスだ!
 
行...!
 
 
ブー・ブー・ブー(誰かの携帯のバイブが鳴る)!!!!!
 
 
 
うわあああああ!!!
邪魔すんなああああああああああ!!!
みんな起きるだろうがあああああああ!!!
 
 
ちょ、大丈夫か...?
みんなちょっとモゾモゾしてるけど大丈夫か?
小松菜奈も一瞬動く(やっぱ起きてるな?)
一応離れる。
 
ふう。仕切りなおしか。
いやもう駄目か...?
そんな、キスしたいのに...。
チャンス逃したか...?
 
と、思っていたところに
 
急にグイっと服を引っ張られて顔を引き寄せられる!
 
 
おいおいおい!!
 
おいおいおいおい!!!!
 
きたよこれ!きたよこれ!!!
 
ありがとうありがとうありがとう!!
 
お父さんお母さん、生んでくれてありがとう!! 
 
アムロ、行きまーす!!
 
 
そっと、キスします。
 
 
反応がない...。
あれ...?だ、大丈夫だよな...?
 
もう一度。
キス、します。
 
 
あれ、反応ない?え?本当は寝てる?
そんなわけないよね?
 
え、大丈夫?
 
 
また心配になったところで、 
 
 
急に向こうからキスがくる!!!!
しかもがっつりくる!!!
しかもこれディープなやつくる!!!
うわああああ溶けるうううううう!!!
溶けちまううううううう!!!
 
 
もうここ何度も見れます。
30秒がっつりキスします。
 
これはやばい。
やばいものを見ちまった。
 
それで唇が離れて。
小松菜奈がうっすら笑う。
目は相変わらずつむったまま。
なんならもうニヤリと笑う。
そして少し唇をなめる。
 
これはたまらん。
完全に悩殺もの。
 
このキスシーンは無限に見れる。
 
男はもう完全にその気ですよ。
そして手をより強く握り合う二人。
男はまたキスしたいですよ。
そりゃそうですよ。
全男がそうなりますよ。
 
 
完全に男はしてやられてます。
完全に体も心も持っていかれてます。
相手はプロです。
男を手玉に取るプロです。
男は高まってしまっています。
完全にメロメロです。
続きがしたいです。
 
そしてここで、小松菜奈が急に目を開けるのです。
 
こっから展開が早い。
なんと
彼女はふいに立ち上がり、
何事もなかったかのように、
男には一瞥もくれず、
服を着て部屋から去って行ってしまうのです。
 
ここでMVを見てた全人類が思うのです。
 
そっけなさすぎる...。 
 
しかし、もう男は完全に彼女のことを忘れられないでしょう。
 
最後に歌詞全文を載せておきます。
もう見事に歌詞とMVがマッチしていて最高です。
 

そっけない 歌詞

 

届きそうで届かなそうな

ありえそうでありえなそうな

君の仕草の一部始終

脳で解析 フルスピードで

試されてたりするのかな

それなら望むとこだけど

遊ぶだけの相手欲しさ

ならばどうぞ 他を当たってよ

君の分厚い恋の履歴に残ることに

興味なんかないよ

君のたった一人になる以外には

なんでそんなに そっけないのさ

そっぽ向いてさ 君の方から誘ったくせに

俺じゃないなら早く言ってよ

そんなに暇じゃないんだ

ちょっとひどいんじゃない

あんまりじゃない

恋がなんだかもうわからないんだ

君が教科書になってくれるかい

いいよって君が言うなら

暇はいくらでもあるから

 

わかることなどいくつもない

わかりたくないこともいっぱい

難しく絡み合う世界で

胸を張って言えること

絡まったままの このイヤホン

一瞬で解くような魔法

それが君だとか言ったなら

鼻でまた笑われてしまうかな

君の掴めない恋の

確信に迫るほど怖いと思った

そんな心が初めてで なのに君はさ

なんでそんなに そっけないのさ

そっぽ向いてさ 君の方から誘ったくせに

俺じゃないなら早く言ってよ

そんなに暇じゃないんだ

ちょっとひどいんじゃない

あんまりじゃない

恋がなんだかもうわからないんだ

君が教科書になってくれるかい

いいよって君が言うなら

暇はいくらでもあるから

 

酔ってなら伝えられるかな

やっぱりそれじゃダメなのかな

振り絞るだけの勇気が

ぼくにはまだあったかな

だから今すぐ こっち向いてよ

こっちおいでよ いい加減もう諦めなよ

1秒も無駄にはできない

You know our time is running out baby

もっと近くで もっと側で

この視界からはみ出るくらいに

君だけで僕を満たしたいの

いいよって君が言うまで

君と今日はキスをするまで

ここから動かないから

作詞作曲:野田洋次郎

 

最後に

 

素敵でした。とにかく素敵でした。

野田さんが言っていた、モゾモゾ、ハラハラ、ドクドク、そんな気持ち今ならよくわかります。

野田さんがリズムを少し外して歌うのも珍しいです(ライブではよくあるけど)。

 

何度でも、何度でも見たくなるMV。

そしてとにかく、小松菜奈とキスがしたくなるMV。

長々と読んでいただき、ありがとうございました。

 

 関連記事>>>

【RADWIMPS】超おすすめの名曲ランキングベスト20!初期の曲から最新曲まで!【2018年版】 - さいちゃん、銀行辞めたってよ