さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

ショートスリーパーになりたかった

なんとなくだけど体がだるい。いや、なんとなくでもなく単純に体が重い。私はショートスリーパーになりたかった。例えば5時間の睡眠で1日何とも問題なく過ごしていける体であれば人生が全然変わる気がする。諦めたわけでもないけれど、なりたいと今も願ってる。

 

でも実際私の体は寝ないと動かない。動かせなくなる。最低8時間は寝ないと次の日体がだるい。これは本当。8時間は寝すぎだろとか思われるかもしれないけど、私の体はそう。6時間とか7時間の睡眠が2、3日続けばしんどくて仕方ない。

 

昔からそう。徹夜なんて死んでも無理。そう思ってたけど。人生で2回だけ徹夜したことがある。大学の落とせない試験の前日だったかな。法学部に転学して単位足りなくなって授業詰め込みすぎたのが原因。次の日案の定死んだよ。試験が終わって2日分寝ようと思ったけど案外寝れなかった。そんな記憶。あまり覚えてないけれど。

 

高校3年の受験の年もそうだった。いつもより少しだけ寝不足が続くときつくて授業も頭に入らない。そんな時は家に帰ってご飯も食べずに次の日の朝まで寝た。いくらでも寝れた。そうした方が自分にとってはよかった。無理のしすぎはよくない。体によくない。

 

自分のことなんて、自分が誰より知っているはず。あくまで、はず、だけど。世間の平均とか関係ない。自分の体は8時間の睡眠が必要。わかってる、わかってるはず。じゃあなんで寝ないのか、そんなシンプルな質問に寝るのが勿体無いからと答える。寝るのは好きなのに。好きなことを押しのけて。グダグダとベッドの上でスマホを眺めて。

 

寝る前のブルーライトはよくない。寝つきが悪くなる。そんなことわかってる、わかってるはず。わかっているのにやめないなんて、何しているんだろう。早く寝なよ、体がだるいって言ってる。早く寝なよ、ブログを書くのを止めて。

 

さっき自分が自分のことを誰よりもわかっていると書いたけど。間違っているかもしれない。自分のこと、何を知っているんだろう。何をわかっているんだろう。

 

ブログ。もうすぐ3ヶ月経つけれど今もなお書くのは楽しい。いつからか苦痛になるんじゃないかと思ってたけれど。今のところ楽しくやってる。ただ何となくだけど気分が乗らない時は書くのを止めた方がいい。無理に毎日書くのはしんどい。しんどさが楽しさを覆ってしまうのは勿体無い。

 

今日はただの日記。何も考えないで、ただ思ったことを。これがある意味では私のブログなのかもしれない。楽しさ、面白さ、誰のためになるとか、ならないとか、何も考えないで。

 

話は戻るけど、どうすればショートスリーパーになれるだろう。人生で出会った友人で、二人だけ、ショートスリーパーを知ってる。いずれも自分がそうだと言っていた訳ではないけれど。一人は東大に行った。もう一人は大学で出会ったプログラミングの天才。普通の人と何かが違うのかな。普通の人で、ショートスリーパーもいるとは思うけど。いや、そもそもショートスリーパーであれば私にとっては普通の人でなく憧れの対象か。

 

私は今のところ普通の人間だから、今日は8時間寝よう。寝る。絶対。ブルーライトも浴びない。明日には体も元通り。たぶん。

 

(fin)