さいちゃん、銀行辞めたってよ

元銀行員。転職 音楽 読書 日記 etc.

MENU

かわいい子をバレないようにちら見する方法を全力で8つまとめてみた

ちら見、それは抗いようのない人間の性。

この欲求から逃れられる人間なんていやしない。いるとしたらそれは神か仏の類だ。もしそんな人が近くにいたら崇め奉ろう。

 

大部分の人間は、ちら見の欲求に抵抗することはできない。これは本能だ。学生時代、好きな人をつい何度もちら見してしまった経験は誰しもがあるのではないだろうか。お腹が減ったら何かを食べるように、眠くなったらベッドで寝るように、それら究極の本能レベルにちら見の欲求度は強い。無理に抵抗すると身体に異常をきたす。ちら見したい欲望をあまりに抑え続けてしまうと、過度なストレスから自律神経の失調、めまい、吐き気、頭痛、肩こり、手足のしびれ、最悪な場合死に至ることもある。

 

何をそんな大げさな、と思う人もいるかもしれない。ではここで一つ想像してほしい。ちら見といっても色々あるのだが、ちら見を余儀なくされる例として、代表的、かつ、長年王者としてその座を確固たるものにしているものがある。それは言わずもがな、「胸の谷間」である。さぁ想像してみてほしい。

 

あなたは男友達と二人で向き合って話している。そこにあなたの後ろから、胸の谷間が大きく開いた服を着たかわいい女友達が走ってあなたの隣にやってきた。女の子は少し息を切らして、一瞬目を閉じて深呼吸し、手に持っていたアクエリアスをグイっと一口飲む。想像できただろうか。女の子がやってきてアクエリアスを飲むまでのその間、あなたの男友達は幾度となく彼女をちら見している

 

おそらく、この時点で既にちら見を我慢できる人間は2割にも満たない。我慢しろと言われていたとしても、無理だ。さらに次の瞬間、女の子が靴紐がほどけたとしゃがみこんだとする。下を見れば夢の世界が広がっている。先ほど己の本能をセーブできた2割弱の屈強な戦士も、堪えられずちら見してしまう。なんならそのままガン見しているだろう。無理もない、これが本能というものだ。抗うなんてとんでもない。

 

もし、この状況でちら見しない人がいたとしたら、その人は間違いなく神の化身だ。今、ちら見したくなる最強の例を挙げたのだが、実際にそれは日常でそこまで出くわすものではない。だが普段でも、たとえば通学や通勤途中、あるいは街中でかわいい子や綺麗な女性を見ることはあるだろう。それはもちろん女性の立場からでもイケメンがそうであるように、全ての人に当てはまる。かわいい子がいたら「見たい」と思うのが自然。「ちら見でいいから見たい」そう思って当然だ。

 

ちら見したい欲求はけして悪いことではない。極自然なことだ。だが、それでも極力、相手にばれたくないという思いもあるのも確か。前置きが少し長くなってしまったが、そこで今回は相手にばれないようにちら見する方法を8つまとめてみた。わかりやすいように、話をかわいい子を相手にする場合に限定させていただく。

「あーもう無理、あの子ちら見したくてもう無理、いやでもばれたくない、恥ずかしい、でも無理見たい、見たい見たい見たい、今すぐ見たい。じゃなきゃ死んじゃう、でもどうすればばれないでちら見できるの?」という人に読んでいただければ幸いだ。

 

①友人と電話している振りをしてちら見

 

王道中の王道だ。たとえば、ちら見したい女の子を街中や駅などで見かけたら、スマホを取り出して友人から電話がかかってきた振りをするといい。「お!着いた~?え?どこどこ~??」とキョロキョロしている振りをして何度もちら見できる。ごく自然にできるので難易度も簡単だ。すぐに使える手法なので一番実践しやすい。

 

②文庫本を読んでいる振りをしてちら見

 

これは電車の中で反対側に対象の人が座っている場合に最も効果を発揮する。文庫本を目線の高さにまで上げ、ちらりとその横から見る。何度もすると不自然なので気をつけよう。これはスマホや新聞などでも代用可能だが、スマホだと小さすぎるし新聞だと大きすぎるので不自然さが目立つ。大きさ的に一番ちょうどいい文庫本を常に携帯するといいだろう。

 

③かわいい子の間に友人を挟んでちら見

 

これも②と同様に電車の中が最も効果テキメンだが、街中でもいける。友人が一緒にいる場合に限るが、対象の女性がいたら自分と女性の間に友人に立ってもらおう。そして友人と会話しながらちら見するのだ。友人とは対面しているのでその延長線上にいる女の子を見てもそこまで違和感は感じない。

 

だが、たとえば電車の中がとてつもなく空いていて3人しかいないような状況であれば友人が立っているのは不自然極まりないので状況判断は任せる。

 

④両隣に友人に立ってもらってちら見

 

これは先ほどの応用版だ。場所は問わないが、友人が2人いる場合に限る。まず、友人にその女の子の両隣に立ってもらうようにお願いする。そして一人の友人に話しかけ、話し終わったら女の子の反対側にいるもう一人の友人に話しかけに行く。友人の前に行く際に至近距離でちら見できる。

 

ただ、これは女の子の立場からしたらとてつもなく不自然でめちゃめちゃキモいので自分で書いといてなんだが止めた方がいい。この荒業を実践するには少なくとも10年の修行が必要だ。そしてそんなお願いを聞いてくれるような友人がいればその2人もおそらく神なので崇め奉ろう。

 

⑤相手に気づかれないくらい遠くからちら見

 

これは場所を問わない。かわいい子をみかけたら、あえて遠ざかろう。めちゃめちゃ離れて、そしてそこからちら見すればよい。相手は気づくはずもない。だって遠いのだから。一つ難点があるとしたら、遠すぎてあなたもその子が見えないことだ。雰囲気くらいしかわからない。日頃から視力を鍛錬しておくことを推奨する。度数の強いメガネを常備しておくのも手だ。

 

⑥吹き抜けの建物を使って上からちら見

 

これはおおきめのショッピングモールや駅など、吹き抜けになっている建物にいる場合。吹き抜けに限らず、要は上から下の階が見えてればいいのだが、かわいい女の子がたとえば1階でショッピングなどをしていたら、2階の吹き抜けから1階を見下ろし手すりに腕を置いて心ゆくまでちら見すると良い。相手も上から見られているのはさすがに気づかないだろう。

 

もはやこれはちら見というより人間観察の域に入るかもしれない。悪く言えばストーカーといえるかもしれない。場所も限定され、さらにその為に時間を割くような余程の暇人じゃないと難しいからあまりおすすめはしない。

 

⑦知り合いと間違った振りをしてちら見

 

これは界隈では禁じ手とされる究極の一手だ。「久しぶり~」とさも知り合いのように話しかけ一瞬ちら見する。だがすぐに「あ、すみません、間違えました」と言ってすぐに引く気持ちを忘れるな。でなければナンパと勘違いされてしまう恐れがある。今論じているのは神聖なちら見なので、ナンパとは違う。気をつけよう。

 

この禁じ手は「どうしても今話しかけざまにちら見してしまわないと死んでしまう」くらいの禁断症状に冒された場合にのみ使用を許される。だが直接話しかけるというのは同時にとてつもないリスクをはらみ、下手したら不審者と通報されてそのまま警察に連れていかれるので極力使用しないことをおすすめする。

 

⑧「ちら見しています」と書かれたTシャツを着用してちら見

 

裏技と言っていい。もう逆に堂々とちら見してしまう。見られた方も「なんだ、ちら見してるのね、おっけー了解」と受け流してしまうこと請け合い。ばれてるとかばれてないとかそういう次元の話ではない。

だがこの場合も警察から職質される恐れがあるので周囲には細心の気を配ってほしい。

 

 

まとめ

 

以上の8つを今回紹介した。本当はまだ他の方法を挙げることも可能なのだが、まずはこちらの8つをマスターしてほしい。だがこれらはあくまで手段であって、絶対に成功するとは限らない。訓練が必要なものもあるし、時と場所を選ぶものもある。大切な友人を失う恐れもある。一つだけ言えることは、安易な気持ちで望まないことだ。

 

目的を成し遂げるにはいつだって覚悟が必要。楽して望むものが手に入るとは思わない方がいい。慢心は死を招く。このことを肝に銘じておいてほしい。それでは諸君のちら見ライフが充実することを心から祈る。

 

(fin)